お問い合わせ 適合表一覧 製品一覧 ニュース 採用情報
 
Home   製品一覧   救急スイッチ
 
KSW2
救急スイッチ
KSW2
希望小売価格:8,500円(税抜)
JANコード:4944799025447

もうインロックやカギの紛失に困らない!
車外隠しスイッチで車をアンロック


 

※特許取得済み

※弊社では適合情報や各車種の取付位置や配線資料等の情報は提供しておりません。

 
 

キー閉じ込みしても大丈夫

車外隠しスイッチでドアオープン!!

キー閉じ込みしてしまったり、手元にカギがない状態でも取付けた隠しスイッチでカギを開けることができます。

KSW2
 

こんな場合に安心!

不注意でインロックしてしまった時に

これからはJAFや施錠業者に頼る必要はありません。救急スイッチさえあればワンプッシュでカギを開けることができます。

KSW2
 

こんな時に便利!

ビーチなどでカギや貴重品の保管に便利

ビーチなど貴重品の携帯に困る場所では、車のカギ、財布などの貴重品を車内に隠してインロックすることで車が一時的な貴重品保管場所になります。

  • ※貴重品は窓から見えない場所へ保管してください。
  • ※製品を取付けたことによる盗難などにつきましても弊社は一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
KSW2
 
KSW2
 
KSW2
 
KSW2
 
 
KSW2

下記の手順はH21/12月登録のプリウス(S)の取付手順です。
※取付手順、取付位置などは車種やグレードにより異なります。

  • KSW2

    運転席ドアの内張りのはずし方を説明します

    1. 運転席ドアの内部に取付けをするため、順番に内張りを外します。

  • KSW2

    2.ドアノブの奥にあるプレートを手前に引き剥がします。プレートがもろいので注意してください。

  • KSW2

    3.プレートの奥にネジがあるので外します。

  • KSW2

    4.次にドアポケットの下敷きを取り外します。
    ※薄いスポンジの様な材質の下敷きです

  • KSW2

    5.下敷きの下にネジがあるので外します。

  • KSW2

    6.次に、スイッチとドアポケット周辺のパネルを外します。
    ※両手で真上に持ち上げるように外してください。

  • KSW2

    7.集中スイッチ部を外します。内張りはがし等で上方向へ持ち上げてください。

  • KSW2

    8.上方向へ持ち上げるとドアからユニットが外せます。

  • KSW2

    9.集中スイッチユニット裏面にハーネスが接続されています。ツメを押しながら外してください。

  • KSW2

    ここまでの作業で、この様な状態になります。

  • KSW2

    10.次に、ドアの内張りを外します。
    ※内張りはがしをツメの付近に挟み込み手前に引き、内張りのツメを外します。

  • KSW2

    11.ドアの内張りを外す際、ドアノブの機構部へワイヤーが接続された状態です。
    ※緑と白の部分を持ちながらワイヤーを機構部から外します。

  • KSW2

    12.次にカーテシランプのハーネスを外します。
    ※カプラーのツメを押しながら外してください。

  • KSW2

    13.内張りを外した写真です。

  • KSW2

    ここからは配線の取付位置について説明します。
    この車両は取付位置 B キーポジションセンサー の信号線に取付けます。

    14.ドアキーシリンダーから出ているハーネスに配線します。

  • KSW2

    15.テスターでアンロックの信号線を探します。
    ※運転席ドアのキーシリンダーにキーを差し込み、ボディアースとの電圧を測りながらキーをアンロック方向に回して電圧が変化するかどうかで判断します。この場合は回した瞬間、電位差が0Vになりました。(5番ピン)

  • KSW2

    16.アンロック信号線とアース線にポジタップを接続します。
    ※写真の紫のマーク(5番ピン)があるケーブルがアンロック信号線、 黒のマークがあり少し太いケーブル(1番ピン)がボディアースに繋がる線です。

  • KSW2

    17.同様にカーテシランプの常時電源線をテスターで探します。白地に赤マークのケーブルにポジタップを取付けます。

  • KSW2

    18.次に製品付属のハーネスの加工です。アースへ接続するケーブルにポジタップを取付けます。

  • KSW2

    19.信号線△GND線へ接続します。
    ※純正の動作が、アンロックのタイミングでアースと導通するという仕組みなので、純正と同じ動作をさせるために、付属ハーネスの信号線△鬟◆璽垢慇楝海靴泙后これで、製品スイッチを押した瞬間、信号線,アースへ繋がるので、純正同様の動作になります。

  • KSW2

    20.付属ハーネスのGND線をキーシリンダーハーネスに取付けたアース線へ接続します。
    ※クワガタ端子は切離し、ポジタップでの取付けをしました。

  • KSW2

    21.付属ハーネス信号線,鮗嵶哨蓮璽優垢離▲鵐蹈奪信号線へ接続します。

  • KSW2

    22.カーテシランプハーネスの常時電源線に付属ハーネスのバッテリー線(BATT)を接続します。

  • KSW2

    23.製品本体を付属ハーネスのカプラーと接続します。

  • KSW2

    24.スイッチを任意の場所に両面テープ等で固定します。スイッチから製品本体付近へ配線を通します。スイッチのカプラーと本体を繋ぎます。
    ※スイッチは未公開

<KSW2取付後の動作確認>

動作確認を行う場合、車外からドアを開けるために必ず窓を全開にしてご確認ください。

  • キーがロックされた状態で製品付属スイッチを押し、アンロックすることを確認してください。動作しない場合は配線の接続位置をご確認ください。
  • ロック後、時間が経つとアンロックできない車両もあります。確認の際はロック後5〜10分程度経過した状態での動作確認も行ってください。

車両によっては、スイッチを押し続けると、純正同様スイッチの周辺が熱くなることがあります。1秒以上スイッチを押した状態にしないでください。

<KSW2取付け完了>

製品が正常に動くことを確認してから、取外しと逆の手順でドアをもとに戻してください。
※製品をドア内部に固定する際は安全な場所にタイラップ等で強く固定してください。

 
KSW2
  • 電源電圧

    DC11〜15V(ヒューズ 1A)

  • 消費電流

    待機時:1mA以下

  • 寸法

    40.0×26.5×42.8(巾×高さ×奥行き)(本体のみ)ケーブル長:約300mm

  • 重量

    約52g(本体のみ)

  • スイッチ

    防滴(IP64相当(自社試験結果))、ケーブル長:約1500mm

 
KSW2
  • KSW2本体/
  • ポジタップ(4)/
  • スイッチ(ケーブル長:約1500mm)/
  • スイッチ貼付用両面テープ/
  • 取扱説明書/
 
KSW2
  • 本製品はあくまでも開錠の補助を目的としたものであるため、保証期間内外に関わらずあらゆる損害につきまして弊社は一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。また、製品を取付けたことによる盗難などにつきましても弊社は一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • 本機を使用しての事故・故障などにつきましては、当社では責任を負いかねますのであらかじめご了承下さい。
  • 外国車や逆輸入車、違法改造車、整備不良車等に対する本機の取付けは保証対象外です。
  • 本機の不当な取扱による不具合または不当な取付けによって生じた損害につきましては、当社はその責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本機の取付け、接続および使用方法を誤ると、車両機器の破損や損傷の原因となります。
  • 安定した場所に取付けてください。※天井や振動の多いところに取付けると製品が落下し、ケガや事故の原因になります。
  • 本機の固定、付属品、ケーブルの接続は確実に行ってください。固定や接続が不十分な場合、本機が正常に機能しない、もしくは故障の原因となります。
  • 本機へのカプラーの脱着は、必ずカプラーを持って行ってください。ケーブルを引っ張るとケーブルが断線し、火災、故障の原因となります。
  • 車両のバッテリーが上がった場合は動作しません。
  • 車両のバッテリーが弱っていたり、車両本体に異常がある場合、本機が正常に作動しない、または車両自体に影響を与える恐れがあります。
  • スイッチを鋭利な物で押す、過度に強く押す等の無理な操作をしないでください。故障の原因となります。
  • ECU(車両側電子制御ユニット)からドアロックモーターへ繋がる配線には取付けないでください。車両機器や製品の破損や損傷、火災の原因となります。

Home   製品一覧   救急スイッチ