デイライトプロジェクト始動!
・ソケットにマジックテープを張りつけてLED基板を固定する方式は弊社特許です。

超高輝度のLEDで極上ライトアップ!

LEDは白熱電球に比べると消費する電力が少なく、長時間使用しても熱を持ちにくい特徴があります。
車種別に、LEDを実際に取り付け適合チェックをし、最適なLEDを選び抜き、決定版をセットにいたし ました。しかもお買い得の、セット価格にてご提供させていただきます! 表を参考にしていただき、車種名からお車に合うLEDセットをお探しください。(12V専用)
取付事例を見る

アルファード等、ルームランプ交換後、常に弱く点灯する点灯障害について

LED・照明一覧ページに戻る

LEDルームランプセットは生産終了しました。



ページトップに戻る

LEDルームランプ取り付け方法

※写真の車はトヨタ プリウス30系を使用しています。

作業の前に・・・・・・

ルームランプの場所やサイズは車両によって異なります。商品を購入する前にチェックしましょう、


1 ルームランプカバーを取外してください
(写真はビートソニック製、取外し工具を使用し、
ルームランプカバーを外しています。)

カバーは破損しやすいので気をつけて作業してください。

純正のルームランプです。
このランプを外します。

4 ルームランプを外した端子にLEDルームランプのソケットを取り付けます。

完成です!!

    注意事項
  • ※DC12Vマイナスアース車専用です。
  • ※本製品の取付に自身のない方は専門の知識・設備のある取扱業者でおこなってください。
  • ※本製品を使用して発生した人身・物損事故、車両の故障や破損及び安全運転義務違反などのトラブルによる罰金・減点等に関しての責任は弊社では一切負いませんのでご了承ください。

オプションパーツ
BRT1 【BRT1】
ルームランプカバー取外し工具
¥1,890-(税込)
カバーのわずかな隙間にしっかりと差し込める便利な工具です。表面は滑らかでカバーにキズをつけにくい工夫がされています。
CRSR3 【CRSR3】
LED電源取出ケーブル
¥998-(税込)
LEDルームランプソケットの間のコネクターに割り込ませることにより、増設用LEDの電源を簡単に取り出すことができます
ページトップに戻る
LEDに交換後、常時微弱点灯する車両について
アルファードなどの調光システム付車で、LEDルームランプに交換後、ドアを閉めてもルームランプが常に弱く点灯する車両があります。
(回路上、常に微弱電流が流れており従来のランプでは消えても感度の良いLEDはわずかに点灯してしまう為で、特に気にならない方はそのままでもかまいません。)どうしても消したいお客様は別途、LEDバイパス回路を(CRSR2 ¥315 2009年12月5日発売) をご購入してLEDとソケットの間に入れて下さい。

関連製品