お問い合わせ 適合表一覧 製品一覧 ニュース 採用情報
 
Home   製品一覧   デイライトキット

デイライト

デイライトキットTOP

実用新案登録済

デイライトキット Q&A

デイライトとは?
昼間でも点灯するライトを設け、歩行者や対向車からの視認性向上やドレスアップ効果を目的とした昼間走行等のことをいいます。(最近ヨーロッパでは安全上デイライトが義務化されています。)
なんで今デイライトが流行ってるの?
歩行者や対向車からの視認性の向上や安全面で、デイライトが見直されています。ヨーロッパでは義務化され、レクサスのほとんどの新型車にはデイライトが純正採用されています。日本の車社会全体がこの流れになってきています。
「デイライトキット」とは?
ビートソニックの「デイライトキット」は純正ポジションライトの前灯(LED灯)だけを点灯させるキットです。その為、テールライトは点きません。純正ナビも夜間画面にはなりません。(手動でポジションライトを点灯する時は全て純正モードで点灯します。)
ポジションライトと何が違うの?
通常ポジションライトはライトスイッチを使って点けるため、純正状態でポジションライトを点灯させるとテールライトも同時に点灯するためブレーキを踏んでいると間違われたり、また、ナビ画面も夜間画面になり見にくくなってしまいます。 「デイライトキット」を使用するとポジションライト(前灯)のみが点灯するためテールライトが点いてしまうこともナビ画面が夜間画面になってしまうこともありません。 また、エンジンと連動しているので、消し忘れが有りません。
LEDをセットにした他社のデイライトと何が違うの?
「デイライトキット」は純正のポジションライト部分をそのまま使用するため、取付け位置の悩みや後付け感などが全くなくすっきりスマート、純正と同等のクオリティを提供します。
純正ライトを改造して大丈夫?
ライトそのものを改造するのではなく、車種専用の取付カプラーにてエンジン始動時にポジションライト(前灯)が点くように設計しています。車種も寿命が半永久的といわれるLEDポジションライトを採用しているものに限っているため球切れなどの心配もありません。
元に戻せるの?
取付け自体がカプラーオンとヒューズの差し替え程度で、純正配線の加工も行なわないため、元の純正状態に戻すことができます。
デイライトキットシリーズを付けて車検は通る?
車幅灯の機能を変更し、デイライトとして使用すると、適用される保安基準は 第42条「その他灯火等の制限」もしくは、第34条の3「昼間走行灯」になります。 DLK-スタンダードシリーズ及びDLK306は「その他灯火等の制限」、DLK-MAXシリーズは「昼間走行灯」に準拠しているため保安基準適合品としています。(自動車検査独立行政法人 中部検査部にて確認済み)また弊社製品と同様の機能は新型車に続々と標準装備されています。例)NX、GS、C-HR、クラウン

以上のことから、弊社では車検に対して問題ない製品と考えていますが、場合によっては車検不適合と判断されることがありますので、車検時にはデイライト機能をオフにした状態で受験されることをお勧めします。
カンデラって何?
明るさの単位で、数字が大きいほど明るくなります。
デイライト消したい時はどうするの?
『デイライトキット』はエンジンを切れば、デイライトが消えます。
バッテリーに負担が掛からない?
消費電力の少ないLEDポジションランプの車種を選定していますので、エンジンからの発電量の方がはるかに大きいため、バッテリーには余計な負担はかかりません。
自分でも付けられる?
『デイライトキット』は基本的にはカプラーオンとヒューズの差し替えで配線ができますので、電装品などの取付け経験がある方は比較的簡単に取付けができると思います。(※一部車種を除く。)ただし、テスターなどをお持ちでない方は専門店での取付けをお勧めします。
取り付けの工賃は?
取り付けされるお店にご確認ください。
ヨーロッパ車仕様とは?
ヨーロッパではデイライト(400〜1200カンデラ)の装備が義務化されており、日本車でもヨーロッパ向けの車にはデイライトが常時点灯するようにヘッドライトが設計されています。
日本とヨーロッパのデイライトの規格は?
保安基準の改定に伴い、以下のようになっています。
日本:1440カンデラ以内(保安基準 第34条の3「昼間走行灯」に適用の場合)
ヨーロッパ:400〜1200カンデラ
日本でもヨーロッパのように昼間でも目立つ明るさまで認められるようになりました。
デイライト機能をオフにするにはどうするの
キーオフ時にライトスイッチを3回ON/OFFを繰り返すことによって、デイライト機能をオフにできます。
「デイライトキット MAXシリーズ」とは?
トヨタ86やランクル200などの一部の純正ライトは、ヨーロッパ仕様車と共通化され、デイライト機能が設定されているものの、日本国内での販売にあわせて機能が封印されている場合があります。デイライトキット MAXシリーズは、純正デイライト機能を保安基準 第34条の3「昼間走行灯」に準拠する状態で明るさを最大限で使用できるようにする製品です。
「デイライトキット 300シリーズ」とは?
純正のアクセサリーランプなどを保安基準 第42条「その他灯火等の制限」に準拠する状態で明るさを最大限でデイライトとして使用できるようにする製品です。
「デイライトキット スタンダードシリーズ」とは?
純正のポジションランプをデイライトとして点灯させる製品です。 純正のポジションランプにはちらつきや明るさの変化を防ぐために安定化回路が組み込まれており、残念ながら今以上に明るく光らせることができません。しかしながら純正ポジションランプであっても意匠性に優れ、デイライトとして点灯させればドレスアップ効果が計れるものがあります。そのような純正ポジションランプを保安基準 第42条「その他灯火等の制限」に準拠する状態でデイライトとして使用できるようになります。

Home   製品一覧   デイライトキット